「つばさの党の選挙ハックに新しいDIY精神を見た」とか言ってみる

というのは言いすぎなような気もするのだが、沈黙は同意と同じなのである。今回つばさの党は沈黙するどころか積極的に動きまくり、選挙妨害のために立候補者を立てて、同じ場所で演説するという体で相手の痛いところをつき、各候補者をディスりまくっているのである。日本保守党みたいなエセ詐欺師共とそれに与(くみ)するようなやつらよりは全然マシだと思うのである。


とはいえ、彼らの素性は山口敬之さんが先日ご自身のネット冠番組で「れいわの分派的な存在」だと解説をしていた。だから、れいわにだけは凸しないのはそのせいなのだ、と。自分はそれに加えて、党首の黒川さんが「選挙をカジュアルにハックする」という手法を、N国党と一緒に選挙戦を戦った際に立花さんから学んだのだと思っている。今のつばさの党のノリは、れいわの様な極左的なノリというよりは、もうちょっとカラッとしたエンターテイメント性の高いN国党のノリ(ガーシー出しちゃえ!みたいな)に非常に似ているのである(だからこそ生理的な気持ち悪さが少なくて鑑賞に耐えうるのである)。


筆者は彼らがこの選挙期間中に垂れ流しているライブをずっと見ているため、おかげで他の候補者の顔まで覚えてしまって、今までのどの選挙よりも候補者について詳しく知ることができたりと、彼らの活動がムダどころかむしろ有意義になってしまったりしている。また、ネットの使い方も他の党と比較にならないくらい上手く、感心してしまったりしている。たしかに、他党の演説を妨害しているが、他党の候補だって全員ゴミクズのミジンコ以下レベルであるからして、そいつらの眠たい演説などなんの意味もなさないのである(そもそも主張があるなら簡潔にわかりやすくまとめてユーチューブにあげるとかしろよな、ほんと無能しかいないよな)。


これを「民主主義の危機だ!」とかいってるアホがネットに数多くみられるが、そんなことはなく、そういう判断をすること自体が相当のアンポンタンである。こういった落選運動というのはかなり昔から行われており、近年だと2021年の総選挙でヤメ検郷原さんが、神奈川13区で立候補した甘利さんに対し落選運動を行い、見事に落選させている。



また、選挙妨害で有名なところでは例の札幌での安倍さんの演説中にヤジを飛ばした人が警察に排除された件について、その後、札幌地裁がこれを「表現の自由の侵害」として北海道に賠償を命じていたりしている。


*さらにクソレガシーメディアはその件についてここぞとばかりに映画を作って公開している。


だからこの行為については、違法性がないどころか、国が完全に「アリ」と認定しているのだ。


*まあでも選挙が終わったら今回に限ってはこいつら適当な理由つけられてパクられるだろうけど笑


今回つばさの党はさらにアイデアを追加し、自らが候補者となることでその落選運動の自由度を大幅に拡大させており、急に正義ヅラをして彼らを極悪人のように報道する向きもあるが、これはパヨク得意のダブルスタンダードで、今まで自分がやってきたことを、自分がやられる立場になったら急に発狂して大騒ぎしはじめるといういつものやつをいつものように繰り出しているだけでしかない。





まあとにかく、冷静に今回の選挙を見渡してみると、今回出ている全ての政党もその候補者もゴミカスクズミジンコ以下しかいないわけで、そんなクズの演説に内容があるわけでもなく、ただの騒音でしかないので、あってもなくても一緒なのである。別にこんなカス共の誰かが当選したところで何かが変わるわけでもなく、単に地球は周り続けるだけなのである。


筆者はとりあえず、政党名を

立憲 → 全日本なんでも反対ガチ勢
維新 → 全国ハゲ山ソーラーパネラーズ
日本保守党 → 日本エセ保守老人向けダマシ党

とかに変えてちょっとはクソはクソなりに誠実さや良心があったりすることを表明した方が日本人らしくていいのでは?と思っている。


また、都民ファは党首が大ウソつきの学歴詐称無能野郎で、立候補者は不倫大好きのクズで、しかもこれが選挙前は大本命だったわけで、小池は間違いなく「適当に障害者でも出しとけばあいつらバカだからかわいそうに思って入れるだろw」という軽い気持ちで立候補者を決めているだろうから(というか当初の予定ではこれで楽勝だったわけで、これって障害を持っている方に対する最大の侮辱ですよね)、本当に都民というのはなめられたものである。


今回はそこにつばさの党が今までにはない風を吹き込んでいるのである。使っている手法は極めて新しく、エンターテイメント性も高い。この妨害活動が定常化し街頭での演説が完全に機能しなくなり、演説も投票も完全にネットだけで行われるようになればそれこそが革命である。今回つばさの党は古びた日本の選挙のシステムをハックすることで、そのダメダメさを浮かび上がらせているのである。





もう一点、つばさの党はその手法に加えて、各個人の能力の高さもなかなかなのである。党首の黒川あつひこはなんだかんだで経験を積んで、選挙プランナーとして今回の一番の目的である「売名」を最高の形で達成しているし、立候補者の根本りょうすけは非常に弁が立つ。演説が最高にうまいのである。言っていることは明確かく簡潔で、少なくとも何が言いたいのかをストレートに伝えることができる能力が高い。


例えば、彼らが都民ファ乙武に対して言っている内容は、なんと飯山あかりがネットでネチネチネチネチと言っていることと全く同じなのである。「五人と不倫がー」「献身的な奥さんを裏切ってー」とかそういう内容なのだが、その内容のきかせかたは根本りょうすけの方が格段に上手い。飯山あかりの方は、基本ネチネチと何の抑揚もなくおはさんが悪意を持って吐き出すだけなので(だとしたら基本的には政治家の体を成してないですよね)、聞いていて嫌な気分にさせられて終わりなのである。


それとつばさの党の演説を比べてみてほしい。



17:56くらいからはじまる根本りょうすけの語り
1:48:50くらいからはじまる黒川あつひこの語り

どちらもかなり聴き応えがある。とくに黒川の「お前ら(老人)が自分の人生を真剣に生きないから、若い人たちの人生は真っ暗になろうとしている」という部分はまさにその通りである。戦後、大人は社会に対する責任を取ったことなど一度もなくただ享楽的に幼稚な人生を送ってきたのである。





ということで、筆者が今回つばさの党がやっていることに感じたことは、多くの三流四流ネット民が言ってることとは違い、日本の腐れきった民主主義のシステムを清く正しく美しくハックしたなーということなのである。これは、自分たちがやっている、何か大切なものを守るためにわざわざXiaomiのスマホをBLUしてカスタムROM焼いて使う感覚に非常に似ているのである。


日本の選挙というのは、早い話が「どのゴミクズを一番として選択するか」というクソなイベントでしかないのだ。だから、つばさの党が今回やっていることにそんなに罪はないのである。ここまで我が国の民主主義が落ちぶれてしまったのは、黒川あつひこが訴えているように各々の人民が「自分の人生を真剣に生きてこなかったから」なのである。


*2024年04月28日追記:

きっちり20時にゼロ打ち笑。

今回どれだけの人が「飯山あかりが猛追しているー」とか「ひょっとしたら逆転があるかもー」とか寝言をほざいていたでしょうか。その人たちの名前をしっかり覚えておきましょう(高橋洋一もどちらかというとこっち側で意外でした、計算は得意なはずですが)。やつらが保守のフリをした詐欺師たちです。だまされるのはいつでも簡単だということです。

今後、日本保守党は間違いなく割れていくでしょう。そもそも、百田の関西ノリが東京の下町に通用していない感もずっとありました。また、ネットのキーボード戦士に人気を博したところで何もならないとはよく言われていますが、ここまでとは思いませんでした。対照的に須藤元気の善戦ぶりはすごかったですね。また、飯山あかりはXで投票してくれた人たちにありがとうの一言も言えないんですね。よほどプライドが高いのでしょう。明らかに政治家に必要な資質が欠けていました。

選挙結果はこちら

*2024年04月29日追記:

たった今、飯山あかりがライブ配信を行っているのですが、この期に及んで、他の立候補者を一人ずつダメ出ししています。

もうあきれて声も出ません。組織票に負けたといったりもしてますが、そもそも選挙とはそういうものです。

人の悪口を言いたいだけなら国政に出てくる必要性は全くありません。いったい何がやりたかったのでしょうか。


*2024年04月30日追記:

Xでの開票終了後の各候補の態度を改めて時系列で見ておきましょう。

21:55、まずは乙武有権者の方へご挨拶

その後、22:39に酒井が勝ち名乗りツイート

それに続き、大健闘した須藤元気が22:58にご挨拶

やっぱり勝ち組は人としてちゃんとしています

明けて29日の1:01に金澤ゆいがご挨拶

この人だけが唯一地元で評判がいいですよね、なのでソーラーパネル党から離れて別の道を模索するべき、応援してくれる人がいっぱいいるのだから

29日のお昼になって須藤元気が再出発のツイート

既に街角に立つことを再開しているようです

13:33、飯山あかりがご挨拶より先にYouTubeライブの告知???

15:59、やっと投票してくれた方へのご挨拶・・・

この15:59までの時間は、人生ではじめてかもしれない自分より格下の人間に謝罪するという行動と自分のプライドとの戦いの時間だったのかもしれません。そして、それよりも先にYouTubeの告知や配信を優先したこと等、他の立候補者の態度とよく比べて見てください。

これが「日本の伝統がなんとかかんとかー」とほざいている党の候補の態度でしょうか?全く理解ができません。これが美しい古来からの日本人の精神なのでしょうか?なんでこんなのにダマされる人がいるのでしょうか?

前から日本保守党に関しては単にYouTubeやXでのマネタイズが主目的である疑惑がささやかれていました。未だに、百田と有本もそれぞれのチャンネルで同時に配信するという乞食行為を平気で行っています。飯山あかりがただ数十文字のツイートすらやらなかったことに対する、党内のコントロールすらできていません(落選はとっくの前からわかっていたんだから、文面を事前に用意していてもよかったくらいなんですが、そういう知能はないんでしょうね)。誰よりもいち早く、ご挨拶をして再出発することを報告することがどれだけ大切かを感じとれる人間が党内にいないのです(まあ自称保守って基本どれもただの老いぼれのポンコツですからね・・・)。

何度も書いていますが、これのどこが保守なのでしょうか?本当に理解不能です。

とはいえ、本丸は東京都知事選であって、これを獲ることができれば状況は全て変わります。有本が直接出馬という噂が以前からありますが、都知事選は基本的には知名度の戦いになります。清潔そうで笑顔が素敵な候補者を立てるという手もあります。天敵橋下徹が出てくる可能性もあるでしょう。とにかく次の都知事選が日本保守党にとっては天下分け目の大勝負、分水嶺です。その手腕に注目です。

*2024年05月04日追記:

今回の選挙妨害行為に憤る人がネット上にあふれていますが、だとしたらなぜ安倍さんの時に声をあげなかったのでしょうか?上記したように、あの時はマスコミが妨害側を肯定して、映画まで作っています。そして、高裁の判決により、政治家の警備が薄くなって、結果安倍さんが射殺されたという流れがあります(もちろん因果関係ははっきりしていませんが、警察側の証言を報道している方はいます)。

あの時、同じような熱量で憤っていたのでしょうか?今回憤っているのは民主主義のためではなく、単に自分が信仰している人や党がひどい目にあったからだけではないでしょうか?だとしたら、それは日本の伝統を守る保守なのでしょうか?

なんだかなーという思いだけが今回の件では残ります。

某党への正しい対処方はまずはYouTubeのマネタイズを止めるように働きかけることだと思うのですが、そんな知恵もなさそうなのが、見てて悲しくなります。

*2024年05月14日追記:

つばさの党にガサが入りましたが、これは表現の自由どうこうではなく、国家権力に歯向かったからです。

メンツで生きている人たちのメンツを潰そうとしたらバックラッシュがあるのは当たり前です。そこを見誤るとこうなります。もはや理屈でどうこうという世界ではないのです。

*2024年05月19日追記:

つばさの党に関して、さらにその内情や金の流れが続報されており、それはそれで興味深いものではあるのですが、決して本質的なものではなく(もう終わった話かと)、ネット民がその報道に食いついているのを見ても、権力側が人民の目をそらさせるツールの一つとしてうまく使っているだけのように思います(にしても、なんであそこまで今回は暴走したのかは非常に疑問です、やるなら、都知事選でやるべきでした)。

じゃあ、学歴詐称はノーペナなのか?これまでさんざん選挙妨害を続けてきたなんとか隊はノーペナなのか?答えは、ノーペナで確定なのでしょう。そうするためのタイミングを狙っていた権力にとって、つばさの党はいい材料になってしまいました。

つばさの党と対象的に、安倍さんへのヤジは裁判所で合法だと認められたように、本流極左はある一定の無敵状態を確立することに成功しました。こちらの方がよほど恐ろしく憂慮すべき状況だと思います。

それにしても、松本人志の時もそうでしたが、某N党の立花さんはここぞとばかりに動画を出しまくって再生回数を稼ぎまくっています。本当にネットの使い方がうまいですね笑。

*2024年05月20日追記:

日本保守党は「割れてません!」というライブを個々の人たちがYouTubeで行っていますが、少なくとも意思疎通がまともに取れてないことはそれぞれが明らかにしています。つまり、割れていますね。個々にYouTubeライブをやるのがそもそも変ですし。

まあ政治家なんて命の危険をかえりみずやる仕事ですから、もうちょっとタフな人を都知事選では選びたいという執行部の考えはよくわかります。

ですが、噂されている某弁護士(執行部はこの人を立てたいがために出たがった15区の人と決裂したと思われれる)はイメージ的にどうなのかと。橋下徹に勝てる人材かというと厳しいような・・・。